卒論・修論テーマ

2016年度

  • [修論] 越智 奨貴 定量的構造物性相関/定量的構造活性相関における適用範囲内への望ましい物性・活性をもつ構造の生成
  • [修論] YAN Lu 変数領域選択と汎化能力を考慮した土壌成分値を予測のためのモデル開発
  • [修論] 柴山 翔二郎 PAT技術のための低コストで運用可能な数理モデルの開発
  • [卒論] 荒木 大悟 医薬品開発におけるリード化合物探索のための多目的最適化
  • [卒論] 櫛田 啓文 シミュレーションおよび統計手法を用いた制御性を考慮した反応器設計
  • [卒論] 菅原 悠樹 遺伝的アルゴリズムを用いたMBRにおけるファウリングと微生物間のモデリング
  • [卒論] 鈴木 天音 深層学習による溶解度予測および 深層学習モデルの化学的解釈

2015年度

  • [修論] 中尾 篤之 統計手法を活用した最適化手法によるリチウムイオン二次電池の最適化
  • [卒論] 小俣 真吾 MBRにおける多様な条件下での膜抵抗予測手法の開発
  • [卒論] 木倉 悠一郎 ニューラルネットワークを用いた任意の溶媒・溶質に対する溶解度予測モデルの構築
  • [卒論] 羽田 英寛 ソフトセンサーの新規評価指標の提案
  • [卒論] 前田 巌 活性を考慮した化学空間およびタンパク質空間の可視化
  • [卒論] 渡邉 拓朗 過去の運転データを利用した多入力多出力プロセス制御手法の開発

2014年度

  • [修論] 大石 隼人 MBRにおける長期ファウリング予測システムの確立
  • [修論] 木村 一平 化学プラントの運転データを活用したプロセス制御手法の開発
  • [卒論] 柴山 翔二郎 赤外スペクトルデータを用いた混合溶液における純物質の濃度予測モデル構築手法の開発
  • [卒論] 武田 俊一 目的領域に多様な構造を生成する化学空間探索型構造ジェネレータの開発

2013年度

  • [修論] 菅間 幸司 2次元QSRRモデルの構築と逆解析を利用した構造推定
  • [修論] 三島 和晃 化学空間の可視化を利用した化学構造ジェネレータの開発
  • [卒論] 中尾 篤之 目標達成確率を考慮した汎用的な実験計画手法の開発
  • [卒論] 宗像 亮 ソフトセンサーにおけるモデル劣化および更新頻度低減の試み

2012年度

  • [修論] 岸尾 拓弥 効率的な材料設計のための戦略的な実験水準決定手法の開発
  • [卒論] 加藤 正朗 目的変数間の関係を活用したモデル劣化低減手法の開発
  • [卒論] 大石 隼人 Membrane bioreactorにおける長期膜差圧予測手法の開発およびプロセス管理への応用
  • [卒論] 木村 一平 ソフトセンサーを用いた新規プロセス制御手法の開発

2011年度

  • [修論] 成 敬模 Membrane bioreactorにおける長期的膜差圧予測モデルの構築
  • [修論] 岡田 剛嗣 モデルの予測信頼性を考慮した適応的ソフトセンサー手法の開発
  • [卒論] 菅間 幸司 近赤外スペクトル及び統計手法を用いた蜜柑の酸度予測モデルの構築
  • [卒論] 三島 和晃 半経験的量子化学計算を用いたアミン化合物の物性予測モデル構築及び新規化合物の提案

2010年度

  • [修論] 前田 祐希 ケモメトリックス手法を用いた光電極による水素製造装置設計に関する研究
  • [修論] 山城 直也 統計手法を用いた共沸に関する予測モデルの構築
  • [卒論] 芹川 正寛 近赤外スペクトルを用いた柑橘類の糖度、酸度予測モデル構築

2009年度

  • [修論] 青木 宏 バーチャルライブラリ構築のためのドラッグライクネス評価指標の開発
  • [修論] 光山 倫央 ケモインフォマティックスを用いたオーファン受容体のリガンド探索手法の提案
  • [修論] 宮尾 知幸 効率的な分子設計のためのInverse-QSPR/QSARを利用した構造生成システムの開発
  • [卒論] 影山 直樹 定量的予測モデルとその信頼性に基づく実験水準決定手法の提案
  • [卒論] 山下 洋輔 果物の非破壊内部品質検査手法の確立

2008年度

  • [修論] 金子 弘昌 新規ソフトセンサー手法の開発およびプロセス管理への応用
  • [修論] 後藤 俊 高機能ポリマー合成のための物性推算法と逆解析手法の開発
  • [卒論] 山城 直也 二酸化炭素吸収液のためのアルカノールアミン化合物の設計に関する研究

2007年度

  • [修論] 岡野 圭央 3次元構造活性相関を用いた不斉合成触媒設計に関する研究
  • [修論] 植村 圭祐 ケモインフォマティックス手法を用いた新規触媒設計支援手法の開発
  • [卒論] 青木 宏 バーチャルライブラリ構築のための構造発生手法の考案
  • [卒論] 赤坂 宏一郎 有機合成経路設計システムにおける戦略部位の統合とその応用
  • [卒論] 光山 倫央 データマイニングによる代謝位置予測の研究
  • [卒論] 宮尾 知幸  爆発物検出システムにおける統合化モデルの構築

2006年度

  • [修論] 右田 啓哉 QSPRによる物性推算システムの理論的構築とその応用
  • [卒論] 尾﨑 由隆 統計的手法を用いたドラッグライクネス評価モデルの構築
  • [卒論] 金子 弘昌 新規ソフトセンサー手法の開発およびプロセス管理への応用

2005年度

  • [卒論] 植村 圭祐 触媒性能の予測と新規触媒候補の提案に関する手法の研究
  • [卒論] 河村 智史 ケモインフォマティックス手法の精密農業への応用

2004年度

  • [卒論] 右田 啓哉 プロセス設計のための物性推算システムに関する研究