ケモインフォマティックス秋の学校 Autumn School of Chemoinformatics in Nara

ケモインフォマティックス分野で世界的に著名な先生方が一堂に会するシンポジウムです。
創薬などを中心に各先生の新しい視点での取り組みについてのチュートリアル、そしてソフトウェア・ベンダーによる最新のソフトウェア・エキスパートの二本立てで構成しています。
ケモインフォマティックスの新しい手法の創薬、材料設計への大いなる可能性を感じて頂きたいと思います。


【日時】 2013年11月27日(水), 28日(木)
【会場】 奈良県新公会堂 アクセス
【主催】 東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻 船津研究室
【共催】 日本化学会情報化学部会
【共催】 CAC フォーラム
【協賛】 日本薬学会

 

【実行委員会】
船津 公人(東京大学)、奥野 恭史(京都大学)、
金谷 重彦(奈良先端科学技術大学院大学)、長谷川 清(中外製薬)

11月27日

時間 内容
 開会挨拶:  Prof. Kimito Funatsu (The University of Tokyo)
 [Turorial session]
 10:00 – 11:00  Prof. Juergen Bajorath (Bonn University)

“Exploring Activity Cliffs in Chemoinformatics and Medicinal Chemistry”

 11:00 – 12:00  Dr. J. B. Brown (Kyoto University)

“Systems Chemical Biology via Computational Compound-Protein Interaction Prediction:

Core Ideas, Translational Validity, and Important Perspectives ”

 12:00 – 13:30 Lunch
13:30-14:30 Dr. Kiyoshi Hasegawa (Chugai-Pharmaceutical Co.)

“Bayesian statistics for drug design”

14:30-15:30  Prof. Johann Gasteiger (Erlangen-Nuernberg University)

“Solved and unsolved problems in chemoinformatics”

 15:30 – 16:00  ————— Break —————–
[Expert session by Software Venders]
16:00-16:30     Certara

Dr. Brian Masek (Certara USA)

“Progress in Predicting Off Target and Safety Profiles”

16:30-17:00     OpenEye

Dr. Krisztina Boda (OpenEye Scientific Software, Inc.)

“OEToolkits: The Building Blocks for Software Innovation”

 

17:00-17:30   BioSolveIT

Dr. Marcus Gastreich (BioSolveIT GmbH)

“Filling a Gap in Computational Lead Optimization: Proposing Fragments and Visualizing their “Happiness” in Binding Pockets”

17:30-18:00 Schrodinger

Dr. Osamu Ichihara (Schrodinger)

“Free energy calculations and rapid empirical scoring functions;

insight into structure based drug design”

18:30-20:30 懇親会: 奈良国立博物館地下レストラン

11月28日

時間 内容
 [Turorial session]
9:00-10:00  Prof. Didier Rognan (Strasbourg University)

“Computational methods to profile bioactive ligands”

10:00-11:00  Prof. Gisbert Schneider (ETH Zurich)

“From chaos to order by adaptive molecular design”

11:00-11:15   ——– Break ———
11:15-12:15   Prof. Takaaki Nishioka (Nara Institute of Science and Technology)

“Mass spectral database MassBank and its application to chemical structure elucidation”

12:15-13:30   Lunch
13:30-14:30  Prof. Kurt Varmuza (Technical University of Vienna)

“Variable selection for multivariate models – myth and reality”

14:30-15:30  Prof. Alexandre Varnek (Strasbourg University)

“Chemography concept in Chemical Space analysis”

15:30-16:00  ——– Break ———
 [Expert session by Software Venders]
16:00-16:30  PerkinElmer – Spotfire

Dr. Naotaka Oishi (PerkinElmer Japan)

“Accelerating Research Process by Visual Analytics”

16:30 – 17:00 Accerlys

Dr. Yuji Takaoka (Accerlys Japan)

“Chemoinformatics tools in Accelrys Enterprise Platform”

17:00-17:30   化学情報協会・英国CCDC

Dr. Jason Cole (Cambridge Crystallographic Data Centre)

“A New Knowledge-Informed Methodology for Ligand Based Drug Design”

閉会挨拶:  Prof. Yasushi Okuno (Kyoto University)

・なお、懇親会は行いません。

 

 

参加費:

一般参加者 5,000円 (学生 1,000円) 当日会場受付でお支払い下さい。

懇親会費:

一般参加者 7,000円 (学生 5,000円) 当日会場受付でお支払い下さい。

 

参加登録:

会場の座席数に限りがありますので、参加ご希望の方は2013年11月8日(金)までに以下のメールアドレスまで直接お申込み下さい。その際に、件名に『ケモインフォマティックス秋の学校参加申込み』とお書き頂き、氏名、所属、メールと電話番号、懇親会参加の有無を明記して下さい。定員になり次第申込みを締め切らせて頂きます。 参加登録のない方の当日のご出席はお断りすることがございます。

 

参加申込連絡先:

東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻船津研究室

e-mail: mokamura@chemsys.t.u-tokyo.ac.jp

 

宿泊申し込み:JTB特設ページより宿泊申込が可能です。

新規申込は11月8日、変更・取消は11月20日まで可能です。(申込期限11月1日から延長しました。)

https://amarys-jtb.jp/autumn_school_2013/

 

種々のアナウンスは以下のHPで随時更新しています。

http://funatsu.t.u-tokyo.ac.jp/ja/autumn_school_2013/

問合せ先: 東京大学大学院工学系研究科 船津公人教授

e-mail: funatsu@chemsys.t.u-tokyo.ac.jp

TEL: 03-5841-7751