旧船津研究室(豊橋技術科学大学)の
学部/修士/博士論文テーマ紹介

 

 学部卒業論文 

年度 氏名 テーマ
平成14年度 太田 圭輔 副反応生成物予測システムのためのクライアント・サーバシステムの開発
溝渕 創一郎 化学情報システムにおける分散オブジェクト指向技術の適用
山田 吉朗 LigConstructorのためのGUIの開発
平成13年度 杉山 香奈子 構造活性相関研究のための構造重ね合わせチューニング手法の開発
橘 大樹 自動構造推定システムSEoNにおける実用性向上に関する研究
能勢 容幸 構造活性相関研究へのデータマイニング手法の応用
前田 美里 構造重ね合わせのためのChemical Property自動帰属プログラムの開発
平成12年度 竹内 英憲 MultiwayPLS法を用いた活性コンフォメーションと重ね合わせルール選択手法
六本木 一人 化学情報システムにおける分散オブジェクト指向技術の適用
平成11年度 尾原 伸枝 Webを利用したソフトウェアチュートリアルの作成
細田 武宏 Counter-Propagationにおける変数選択手法の開発
平成10年度 武内 大知 ゼロエミッション・データベースを用いた物質循環シミュレータの開発
棚田 東作 ケモメトリックス手法を用いた材料開発支援プログラムの開発
松岡 成郎 3D-QSARにおけるKohonen mapの応用と3wayPLSによる解析
平成9年度 赤松 博之 Structure Elucidation on Net (ネットワークを利用した分子構造推定システムの構築)
荒川 正幹 CoMFAにおける3wayPLSを用いたコンフォメーション選択
梅尾 裕美 多変量解析手法を用いた質量スペクトルの構造推定への応用
ラターナセンタン・ウドーン マルチステップ対応AIPHOS
平成8年度 赤羽 和彦 有機合成設計システムAIPHOSのための官能基戦略ファイル用知識エディタの開発
浦田 雅裕 候補構造のクラスター化プログラムと構造評価機能の結合
長内 志保 マルチステップ対応AIPHOSの開発
吉野 宏昭 出発物質の想定による合成戦略部位候補の選択
平成7年度 葛西 哲郎 クラム則によるジアステレオ選択付加反応の評価プログラムの作成
平成6年度 東 秀行 有機合成設計システムAIPHOSにおける出発物質ライブラリーの構築及び検索モジュールの開発
佐野 智章 有機反応予測システムSOPHIAの開発 -構造特徴の反応的類似性を考慮したマッチング及び生成物骨格への適切な原子あるいは原子団の自動付与-
蜂 谷修 自動構造推定システムにおける候補構造評価法の研究 TUTCMR、TUTHMRにおけるインデックスファイル検索の高速化と総合評価プログラムの開発
平成5年度 宮脇 治 有機反応予測システムの開発 -有機合成設計システムAIPHOSの知識ベースの活用-
平成4年度 仁保 勉 有機化合物自動構造推定システムCHEMICSにおけるグラフィックス入出力ルーチンの作成


 修士論文 

年度 氏名 テーマ
平成14年度 竹内 英憲 遺伝的アルゴリズムを用いた薬物候補構造自動創出プログラムの開発
六本木 一人 クランアント/サーバ型有機合成設計システムの開発
平成12年度 武内 大知 ゼロエミッション・データベースを用いた物質循環シミュレータの開発
棚田 東作 ケモメトリックス手法を用いた材料開発支援プログラムの開発
松岡 成郎 KohonenネットワークとMultiwayPLS法を用いた新しい3D-QSAR手法の開発
平成11年度 荒川 正幹 3D-QSARにおけるmultiwayPLSを用いたコンフォメーション選択
梅尾 裕美 Structure Elucidation on Net (ネットワークを利用した分子構造推定システムの構築)
平成10年度 浦田 雅裕 ネットワークを利用した分子構造推定システム(SEoN)の構築
吉岡 三善 Transformを利用した有機合成経路設計システム
(AIPHOS-TOSP)の実用化研究
平成9年度 葛西 哲郎 自己組織化マッピング手法の有機反応予測への応用
平成8年度 西口 大介 Kohonenネットワークを用いた有機反応の分類
平成7年度 渡邊 平賢 部分構造を特徴とする候補構造のクラスター化
柴山 浩一 Chemometrics手法による化学データの定量解析に関する研究
平成5年度 長尾 直次 有機合成設計システム(AIPHOS)の操作性及び効率性向上のための実用化研究
平成4年度 上本 茂雄 パーソナルコンピュータにおける有機合成反応データベースシステムの開発
高橋 義明 有機混合物の自動構造推定システムの開発


 博士論文 

年度 氏名 テーマ
平成14年度 佐伯 和光 近赤外分光測定とケモメトリックス解析を組み合わせたプラスチックの識別に関する研究
平成13年度 荒川 正幹 Hopfield Neural Network を用いた新しい分子構造重ね合わせ手法の3D-QSARへの応用
平成13年度 増井 秀行 スペクトルを用いる有機化合物の構造解析システムの開発に関する研究
平成11年度 佐藤 耕司 合成設計システムAIPHOSの実用化の関する研究
平成9年度 木村 敏郎 非線型手法及び遺伝的アルゴリズムを用いたCoMFA計算手法の開発に関する研究
平成8年度 吉田 浩士 計算化における最適化問題に関する研究
平成8年度 長谷川 清 QSARモデルによる生理活性化合物の分子設計研究
平成7年度 佐藤 寛子 コンピュータによる有機反応予測に関する研究
平成5年度 速水 健一 有機化合物の自動構造推定システムの開発 -構造発生法に関する研究-


[戻る]